高専祭のゲーム大会の話など

こんにちは、高専祭お疲れ様でした!はすみです。
去年の冬に入部した私にとっては部員として初めての高専祭でした。そういう系の記事です。

私はゲーム大会に使う対戦ゲームを作ることを任されていたのですが、実はあのゲーム私の初めてのゲーム作品でした。
正直マジで骨が折れるって言うか折れました(概念)。

ゲーム制作に使うエンジン、最近はUnityが主流のようですが私はUnrealEngine4を使っています。
部としてはDXライブラリ勢が多いようですが私はDXライブラリが一体何なのかすらよく知りません。

そんなことは置いておいて、UnrealEngine4についての話をします。
UE4と略されることの多いUnrealEngine4ですが、Unityより知名度が低いので
Unityを知っている人でもUE4は初めて聞いた…みたいな方もいるのではないかと思います。
実はつい最近無料化されたゲームエンジンだからなんですね。なので使っている人もまだまだ少ないです。

しかし、実は有名なゲーム会社でもよく使われているエンジンです。
有名なものでは、ドラクエの次作Ⅺや、FF7のリメイク版、キングダムハーツ3などがUE4を採用しているとか。
気になった方はUE4 採用ゲームなどで調べてみてくださいね!
最近発表されたニンテンドースイッチも、UE4に対応することが判明しました。
…つまり、UE4を使えばSwitchで使えるゲームが作れる…?

ひとつ問題があるとすれば、ユーザー数が少ないので情報量ではUnityに大きく劣るという点でしょう。
実はこれは大きな欠点で、分からないことがあっても中々解決策が見つかりません。
その中で何故私がUE4をここまで気に入って使っているかというと。
UE4、実は起動してから3回クリックするだけでゲームが作れます。

すごくないですか?すごいですよね。
3クリックでFPSが作れます。Unityにこんな機能なかったもん!私はUE4に一目惚れしました。
さらにさらに~~~~~???
プログラミングができなくてもゲームが作れます。

!???????!?!?!?!?!?!!!!!
意味がわかんないですね。わかんなくない?私はわからない。
簡単に言えばフローチャートみたいな感じ。ノードベースってやつですね。
UE4では、独自のブループリントというシステムを使ってプログラムを書かずにゲームが作れます。
ブループリントの他にもC++を使ってゲーム開発ができます。
ブループリントよりはC++の方がいろんなことで使えるらしいですが今のところブループリントの果てはまだまだ見えません。
どう?めっちゃ取っ付きやすくない?取っ付きやすいですよね???

そして先程挙げた欠点。調べても情報が見つからない…
つまり、「Google先生が役に立たない」

実はこれにも圧倒的解決策があるんです。なんてこった。
UE4専用の質問サイトが存在するんです。

これは!やばい!めっちゃやばい!Google先生よりも詳しい先生が私たちにはついているのだ!
UE4 AnswerHubというサイトなんですが、ここに質問を書き込めば心優しいUE4の先輩方が
めちゃくちゃ丁寧に教えてくれます。マジで丁寧。わかるまで教えてくれます。すごい。

ということでUE4はすごいってことです。興味を持った人はまずUE4をインストールしてみましょう。
UE4は必ずみなさんの力になります。なぜならUE4は人類の宝なのだから---。

スポンサーサイト

2016.11.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 活動記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

宇部高専コンピューター部

宇部高専コンピューター部
公式ブログです。
毎週金曜日に更新してます。

アクセスカウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR